ワクワクメールでセフレを作る

ワクワクメールは出会い系サイト業界の中でも言わずも知れた大手サイトになります。その為、安全性も高く初心者には使い勝手が良いサイトです。私自身もワクワクメールを多用しており、多くの女性に出会ってきました。

さらにそのままセフレ関係になった女性も…。

実際に女性に会うことができれば、セフレ関係に持っていくことも難しくはありません。一番難しいのはより確実に出会える女性を見つけることです。

掲示板を有効活用

 出会い系サイトで相手を探す場合、基本的に「掲示板」を使用することが一般的です。全てもの出会いが掲示板から始まっていると言っても過言ではありません。

ではどのように掲示板を利用すべきかご紹介します。

目的に直結するアダルト掲示板

一番早く出会い確率が高いのは「アダルト掲示板」になります。この掲示板はアダルトな出会いを求める会員が相手を探す場所となっており

「セフレ募集」「パパ募集」「わりきり希望」など、エッチに直結する内容が日々掲載されています。

しかし少し厄介なのはこの掲示板に募集されている内容の一部は悪質なユーザーのものであることが多いです。

悪質なユーザーとは女の子をあっせんする「援デリ」(業者)、会う気が無くダラダラとやりとりだけ続ける「キャッシュバッカー」(CB)、まったく会う気が無い冷やかし(サクラ等)です。

残念なことに優良サイトと雖も、このようなユーザーは存在します露骨にアピールをしている過激な内容や魅力的な条件を提示している投稿は基本的にこの類のものと判断してよいでしょう。

自分で投稿する

アダルト掲示板を利用してセフレを探す簡単な方法としては自分が掲示板に投稿することです。

先に紹介した悪質なユーザーは基本的には待ちの戦法をとっています。その為、こちらの投稿に対してはあまり反応してきません。つまり自分の投稿に対して反応してくれた女性は素人会員である確率がグッと上がるのです。

投稿方法は簡単。ワクワクメールではアダルト掲示板への書き込みはひとつのカテゴリ毎に一日一回は無料でおこなえます。

アダルト掲示板には複数のカテゴリがありますので状況によって使い分けても良いです。書き込んだらあとは女性の反応を待つだけです。

しかしただ投稿しても返信率は上がらない為、すこしコツが必要です。

時間帯・曜日を見極めろ

掲示板に投稿する際の、曜日や時間帯は重要になります。

女性のタイプによってサイトを閲覧する時間帯も違ってくるため、より自分が求めるタイプの女性がログインしている時間帯を狙うことが大切です。

・人妻系であれば、9~10時と14~15時

・学生系であれば、17時以降

・社会人系であれば、19時以降

主婦であれば家事を終えて一休みしている時間帯、学生さんであれば学校が終わってバイトが始まるまでの少しの空き時間、社会人であれば仕事が終わって自宅に帰った時間帯となるわけです。

学生さんや社会人は次の日が休みとなる金曜の夜も狙い目になります。

自分のタイプである女性がどのような生活スタイルかを考えてメッセージを送れば、返信率も劇的に変わってくるはずです。

新人さんを狙う

出会い系の中でも出会いやすい部類は登録したてのいわゆる「新人さん」です。サイトに登録したばかりの女性は、出会いに対する気持ちも強くメッセージに対するレスポンスも良い傾向にあります。

しかし玄人ユーザー達は一斉にアプローチをかけていくため、必然的に競争率も高くなってしまいます。その為、いち早く自分のタイプの新人情報を探し当て、アクションを起こすことが重要になってくるのです。

ワクワクメールには、「プロフィール検索」「写真検索」「日記検索」等の検索機能があります。

これらの機能を使う際に「ニューフェイス」の項目にチェックを入れて検索をかけると、登録して60日以内の女性会員を絞り込むことができるのです。

新人会員のアイコンには「若葉マーク」がついていますので、一発で分かります。更に検索結果も「登録順」「ログイン順」と並び替えも可能なのはうれしいです。

   ログイン状況を重視

では実際にどのようにアプローチをかけるかというと、まずは先ほどの検索機能を利用して好みのタイプを絞り込みます。

ワクワクメールはプロフィール閲覧が無料である為、基本はプロフ検索にします。表示する順番は「ログイン順」にしておきます。

新人会員の中には「なんとなく、その場の勢いで」「友達に無理やり」といった理由で登録した人もいます。その場合、一度は登録してみたものの、結局使わずに放置というパターンもあり得ます。

その為、登録順だとせっかくアプローチをかけたものの反応なしという状況になってしまいます。出会いに対して強い関心のある新人会員は、かなりの頻度でログインしている傾向があります。

男性でもそうだと思いますが始めたばかりの頃はやたらサイトを開いては好みの女性を探してみたり、メッセージが来ていないか確認しませんか?女性会員だって同じです。その為、頻繁にログインをしている新人会員=出会いに積極的と考えることができます。

絨毯爆撃作戦

検索で気になる女性がいた場合、すぐにアプローチをかけるべきです。先述したように新人会員には毎日多くのメッセージが送られてきます。その為、いかに迅速にアプローチをかけるかが重要です。

しかし相手にも当然選ぶ権利はあります(笑)一度の挫折を引きずっていては、一向に出会うことはできません。積極的に多くの女性にアプローチをかけることをおすすめします。

私は女性にメッセージを送る際に、テンプレートを作成しそれを流用します。そして一度に5人程度の女性に一斉に送信するようにしています。ここであまり多い人数にすると後で混乱してしまうことがあるので、5人程度がベストでしょう。

5人にメッセージを送って1~2人から返信があれば御の字です。返信率が悪くてもあまり気にせず、次の相手を探すことを意識してください。

「いきなり複数の女性にアプローチするなんて失礼ではない?」と思う方もいると思いますが、そう思うのであれば出会い系サイトは向いていません。

本当にセフレが欲しいと思うのであれば、メッセージの絨毯爆撃を繰り返し行うことが一番の近道です。

ちなみに、予想に反して多くの返信があった場合、やりとりの中で相手の女性の名前を間違えないようにしましょう。私は何度かミスを犯してしまい、出会いのチャンスをふいにした経験があります(笑)

一度会えばあとは簡単

より効率的な方法で女性とやりとりをするようになったのならば、もうセフレを作る最大の関門は突破しています。勿論、初めからセフレ関係を求めるのは聊か早計です。

まずは一度お会いしてからお互いのフィーリングを確認しましょう。

あなたが最初にお会いした時に、きちんと相手を気遣える男性であれば、二度目のお誘いができるはずです。会う回数を重ねるごとに、相手との親密度は高まっていきます。

するといつの間には会う→食事→ホテルといった流れが形成されます。

初めは割り切り関係でもいいです。何回もお会いするうちに割り切りではなくなり自然な流れでホテルへと誘うことができます。

すぐに最終目的(セフレ)を求めず、ゆっくりと時間をかけてゴール地点を目指す姿勢が重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です